国内で培ってきたノウハウを海外でフル活用
そして、海外での経験を国内へとフィードバック

海外でのODAプロジェクトに深く携わり、海岸・サンゴ礁保全などの第一線で活動。
島嶼国に暮らす人々の安全安心を守り、環境保護に貢献しています。

  • ■ 保全計画(海岸、サンゴ礁) ■ サンゴ生態調査 ■ 基準点測量 ■ 水準点測量 ■ 深浅汀線測量 ■ 港湾・漁港設計 
    ■ 施工管理 ■ GIS構築 ■ 遺跡、文化財調査

代表的な業務・成果例

  • 海外での実績

    ODAを中心にこれまで島嶼国6カ国にて海岸保全計画、サンゴ礁保全計画等のプロジェクトを実施しています。

  • バリ海岸保全計画(JICA)

    深刻な海岸侵食を保全するため、環境及び社会面の配慮を行った上、海岸保全事業の実施方法、持続的な海岸管理手法を検討しました。(写真はクタ海岸の保全整備後の状況)

  • モーリシャス海岸保全計画(JICA)

    海岸侵食対策の検討及びモーリシャス国関係機関の能力向上として、サンゴ礁保全の技術指導、GISによる管理手法の構築を行いました。(写真は関係機関職員への技術指導の様子)

  • 沿岸災害対応のための礫養浜
    パイロットプロジェクト(JICA)

    地球温暖化による水没危機の短期的な対策として礫養浜の実施を提案し、養浜工の調査設計を行いました。また、ツバル政府の技術者への測量を始めとする各種モニタリング調査の技術移転を行っています。(写真は政府職員への測量技術指導の様子)

  • サンゴ礁の環境配慮
    ハンドブック作成調査(JICA)

    マダガスカル国の重要港湾周辺海域をサンゴ礁の環境配慮事例とするため、サンゴ礁調査、海域水質調査を行い環境配慮ブックを作成しました。(写真は潜水調査を補助するスタッフとNGO研修生との集合写真)