時代のニーズを捉え、新たな技術を導入し
一歩先の測量技術を目指します

新たな技術を文化財調査、森林計測、土量調査などに幅広く活用しています。
さらに、様々な分野へ応用するため研究開発にも力を入れています。

■ 基準点測量 ■ 水準測量 ■ 地形測量 ■ 路線測量 ■ 用地調査 ■ 遺跡文化財調査 ■ 管理台帳整備  
■ 深浅測量 ■ 写真測量 ■ UAV 計測 ■ 3D レーザスキャナ計測

代表的な業務・成果例

  • GNSS測量

    マルチGNSS測量器による測量の根幹となる基準点・水準測量などを行います。

  • UAVによる写真測量

    無人小型航空機(UAV)による空撮を行い、写真図(オルソ画像)や三次元点群データを作成します。

  • 3Dレーザスキャナ計測

    3Dレーザースキャナーによる計測を行い、造成地、道路、建物等の三次元点群データを作成します。

  • 開発造成など

    基準点測量から地形測量、路線測量まで、一連の測量業務を行います。

  • 土地の境界調査・補償

    土木開発の際に取得しなければならない用地の土地の境界や補償物件の調査をします。

  • 遺跡・文化財の記録・調査

    土木開発の際に埋蔵していることが判明した遺跡・文化財の記録・調査などを行います。

■ アーカイブ ■ 放射線モニタリング ■ GIS構築 ■ 鳥獣対策(大型動物個体数調査、解析) 
■ 森林資源調査、解析 ■ 出来高管理 ■ 農産物調査、解析 ■ AI(機械学習)

代表的な業務・成果例

  • 土量計算

    三次元点群から土量を算出致します。施工前後のデータを計測することにより高精度な算出が可能です。

  • 森林計測

  • 上水道GIS

    紙やPDFで扱っていた水道台帳をデジタル化して、一枚の地図に水道台帳の情報を付与しました。

  • 三次元アーカイブ

    施設や景観、遺跡などのアーカイブの三次元点群データ処理を行っています。動画やVR体験できるようにすることで、多くの方にご覧いただいています。

  • 埋蔵文化財の三次元測量

    三次元点群データから平面図、縦横断図等の作成を行っています。

  • モーリシャス国 海岸GIS + 海岸環境データベースについて最終的な成果イメージ

    基礎調査により得られた浸食被害の状況、サンゴ礁生態の状況、過去・現在の被害及び将来的なリスクの状況、海浜の利用、護岸等の海岸保全施設、資産や人口、社会資本の整備状況などの社会経済条件、海象及び地形等の自然条件に関する情報と解析結果を整理し、データベース化を行っています。