ふるさとから世界へ
そして、世界からふるさとの未来へ

〝はかる〟から出発した「ふたば」の事業は、〝つくる〟〝つなぐ〟へと大きく拡大。そのフィールドも、いまや世界各地に拡がっています。これからは、その幅広い事業領域と、海外で培った経験・知見を重ねあわせ、人と人、夢と夢、地域と地域、さまざまなものを結ぶ懸け橋となりながら、お客様の多様なニーズにしっかりとお応えしていきたいと考えています。

国内外での長年の経験と最新技術により、地域の課題に共に向き合い、
「迅速」かつ「柔軟」に「広い視野」を持って、
最善の解決策をご提案いたします。

さまざまな技術により、多様なニーズに対応。

魅力的なまちづくりを進め、かけがえのない自然を守るために、 測量設計の分野で長年にわたり積み重ねた経験をベースに、新しい技術を取り入れながら幅広い分野で技術力を発揮しています。

  • UAV(無人航空機/ドローン)

    カメラ(4K・熱・マルチスペクトル)、空間線量計、LPなど様々な機材を搭載し、人力では難しい現場も安全・スピーディに計測。

  • UAV搭載型3Dレーザスキャナ

    UAV搭載型のレーザスキャナ。山林のような草木が密集している現場でも、上空から枝葉の隙間をレーザが通過し地表の情報を計測。
    ふたばのドローンレーザー計測(PDF)

  • UAV搭載用一眼レフカメラ

    4Kカメラにより高精細な写真・動画を撮影。

  • UAV搭載型サーモグラフィカメラ

    対象物の熱情報をリモートセンシングにより取得可能。動植物調査及び構造物の維持管理などに活用可能。

  • UAV搭載型マルチスペクトルカメラ

    5バンド(光の波長帯:Blue, Green, Red,Red Edge, Near)を計測可能。各バンドの波長を解析することで対象物の性状(植物の生育状況など)を可視化。

  • UAV搭載型空間線量計

    ドローン搭載可能な線量計。1秒毎に空間線量率、GPSによる位置情報をリアルタイムで計測。

  • 据置型3Dレーザスキャナ

    1秒間に数十万回ものレーザを照射し、地表物をミリ単位の3D座標として計測可能、3D点群データとして空間全体をデータ化。

  • 車載型3Dレーザスキャナ

    車両に3Dレーザスキャナを搭載することで、広範囲な現場も短時間でスピーディにデータ化。

  • ハンディ型3Dレーザスキャナ

    手持ち型で狭い場所や暗渠部などでも3Dレーザスキャナがフレキシブルに利用できる。

  • 空間線量計測データ

    土地被覆及び地形を考慮し、UAVにより計測した空間線量データから地上の空間線量を推定。

  • 三次元点群データ

    空中写真及び3Dレーザスキャナによる計測のデータから三次元点群データを作成。詳細な地物・地形データは様々な検討データとして応用可能。

  • マルチスペクトルデータ

    5バンド(光の波長帯:Bule,Green,Red,RedEdge,Near)を計測可能。各バンドの波長を解析することで対象物の性状(植物の育成状況など)を可視化。

  • サーモグラフィデータ

    赤外線により物体の表面温度を可視化。温度画像を動物の行動、個体数調査及びソーラーパネルの点検などに活用可能(画像はシカの温度画像)。

保有機材リスト/保有数

  • UAV(無人航空機/ドローン)※17
  • 据置型3Dレーザスキャナ2
  • 車載型3Dレーザスキャナ1
  • ハンディ型3Dレーザスキャナ1
  • VRシステム1
  • 3Dプリンタ1
  • 高周波解析装置1
  • ガウスメータ1
  • レーザ距離計2
  • TS(自動追尾トータルステーション)3
  • GNSS(全球測位衛星システム)6
  • 電子レベル1
  • オートレベル1
  • 小型ラジコンボート(深浅測量)1
  • 精密音響測探査機1
  • 船外機付きボート1

※1 UAV搭載機器:一眼レフカメラ、3Dレーザスキャナ、サーモグラフィカメラ、マルチスペクトルカメラ、空間線量計