ふるさと福島から海外へ。
無限のフィールドに挑み続けます。

測量・設計の分野で長年にわたり経験を積み重ね、高度な技術力を磨き続けてきた「ふたば」。 そのフィールドは、いまでは海外へと広がり、専門性の高いコンサルティング業務などを通じて、お客様が直面されているさまざまな課題の解決に貢献しています。

3つのビジョンを掲げて常に全力で挑み、困難な課題にもしっかりと答えを出してきた「ふたば」。 活力あふれる魅力的なまちづくりや、かけがえのない自然、豊かな環境を守る活動などに携わり、 ふるさと福島はもちろん、国内外のさまざまな地域で着実に成果を上げています。

さまざまなテクノロジーを組み合わせて、多様なニーズに対応。

実績豊富な「ふたば」ならではの“人のちから”と、最先端をゆく“技術のちから”により、厳しい自然条件、 地形的に難度の高い現場などにも柔軟に対応しています。

  • UAV(無人航空機/ドローン)

    カメラ(4K・熱・マルチスペクトル)、空間線量計、LPなど様々な機材を搭載し、人力では難しい現場も安全・スピーディに計測。

  • 空間線量計

    ドローン搭載可能な線量計。1秒毎に空間線量率、GPSによる位置情報をリアルタイムで計測。

  • LP(レーザプロファイラ)

    UAV搭載型のレーザスキャナ。山林のような草木が密集している現場でも、上空から枝葉の隙間をレーザが通過し地表の情報を計測。
    ふたばのドローンレーザー計測(PDF)

  • 一眼レフカメラ

    4Kカメラにより高精細な写真・動画を撮影。

  • マルチスペクトルカメラ

    5バンド(光の波長帯:Blue, Green, Red,Red Edge, Near)を計測可能。各バンドの波長を解析することで対象物の性状(植物の生育状況など)を可視化。

  • 熱赤外カメラ

    対象物の熱情報をリモートセンシングにより取得可能。動植物調査及び構造物の維持管理などに活用可能。

長年にわたり培ってきた従来からの技術もフル活用。精度の高い計測を実現します。

  • TLS(据置型3Dレーザスキャナ)

    1秒間に数十万回ものレーザを照射し、地表物をミリ単位の3D座標として計測可能、3D点群データとして空間全体をデータ化。

  • MMS(車載式3Dレーザスキャナ)

    車両に3Dレーザスキャナを搭載することで、広範囲な現場も短時間でスピーディにデータ化。

  • 小型ラジコンボート

    有人船が近づけないところでも、湖底や海底の様子を音波によって正確に把握することができます。

  • VRシステム

    ミリ単位の高密度な三次元点群データとVRを組み合わせ、通常は見ることのできない景色をリアルに再現します。

  • 3Dプリンター

    さまざまな機器で取得したデータを、三次元CADで編集。3Dプリンターを使って立体的な地形図などを作成できます。

  • 環境調査機器

    UAVの安全なフライトのため、電波・磁場・標高を現場で計測し、リスクの発見・対策を実施。

地域開放会議室

富岡町の杉や檜を使用した社屋の本社1F会議室は“地域開放会議室“とされています。地域の未来を語れる場として意見交換会、ワークショップなどで社内外の多くの方が使用され、地域デザインでも活用。社屋は月刊誌『新建築』2017年11月号で紹介されました。

保有機材リスト/保有数

  • UAV(無人航空機/ドローン)※17
  • TLS(据置型3Dレーザスキャナ)2
  • MMS(車載式3Dレーザスキャナ)1
  • 小型ラジコンボート1
  • VRシステム1
  • 3Dプリンタ1
  • 高周波解析装置1
  • ガウスメータ1
  • レーザ距離計2
  • TS(自動追尾トータルステーション)3
  • GNSS(全球測位衛星システム)6
  • 電子レベル1
  • オートレベル1
  • ラジコンボート1
  • 精密音響測探査機1
  • 船外機付きボート1

※1 UAV搭載機器:一眼レフカメラ、空間線量計、熱赤外カメラ、LP(レーザプロファイラ)、マルチスペクトルカメラ