ドローンパイロット養成研修

更新日:

3Dレーザードローンの機体を説明

先週の16日、17日、18日の3日間、社内でUAV(ドローン)のパイロット養成研修が行われました。当社の特長の一つでもあるドローンを多くの社員が操作できるようにするため新入社員から中堅社員の対象者8名が今回の研修を受けました。当社所有のドローンの中でも最大サイズのドローン「TOKI」の操縦は社員でもなかなか操作する機会が少なく実り多い機会となりました。

大型機をキャリブレーション
飛行計画を学習

当社の「TOKI」は3D点群データを取得できる3Dレーザがドローンに搭載された機体で森林調査、災害現場、文化財調査などさまざまな分野で今後も活躍が期待できます。

実際の現場で実践
大型機「TOKI」をフライト

広報係 佐久間

一覧へ戻る