第2回福島イノベーション・コースト構想シンポジウムで社長が登壇

更新日:

3月25日に郡山ビューアネックスで開催された第2回福島イノベーション・コースト構想シンポジウムにおいて遠藤社長が廃炉・放射能部門の環境再生等の事例紹介として登壇し、20分程プレゼンテーションを行いました。発表内容は①ふたばの紹介、②ふたばの研究開発、③最新のドローン+レーザーの紹介、④計測事例(富岡町内・小浜地区)です。国、県、市町村および県内外の民間企業約300名が集まり、福島県内でのイノベーション構想の取り組みが紹介されました。また、福島イノベーションコースト構想の冊子にも紹介され、3月26日の福島民報2面でも紹介されました。以下をご覧ください。


一覧へ戻る