第10回原子力政策・福島復興シンポジウムにパネリストとして参加

更新日:

本日午後は早稲田大学主催の第10回原子力政策・福島復興シンポジウムにパネリストとして参加しました。大学、研究機関、国、地域住民12名での約2時間半にわたるパネルディスカッションでした。様々な専門の先生や研究者そして地域で熱心に活動される方々のお話には沢山の刺激と気づきがありました。このような機会は地域で生活そして事業を行う私にとって、多角的な視点で地域を捉えるきっかけになり、とても勉強になりました。私自身も原発被災地域で活動する立場より、意見を述べさせて頂きました。今回はオンラインでのシンポジウムそしてパネルディスカッション。全国から約120名の方が参加されていました。
オンライン形式にはだいぶ慣れてきましたが、やはり対面での会が開かれることが待ち遠しいです。
主催者、パネリストそして参加された多くの皆様に感謝いたします。このようなことを重ねて輪が拡がればと思います。


一覧へ戻る