夜の森の桜

更新日:

一昨日、富岡に宿泊しました。7年ぶりの故郷富岡町の夜桜。やはり美しい。でも桜の下に立つと責任の重さも感じます。
夜の森の桜並木の生みの親である半谷さん。当時は馬車しか走らないそして未開拓の夜の森で将来のことも考え、当時では異常と思われるほどの幅員を確保し、その沿道に桜を植えました。当時、半谷氏のその行動を理解する人は少なかったようです。しかし、桜を植えて約100年後の現在、その桜並木は全国に知られる名所となりました。半谷さんの将来を見据えたビジョンは、これからの地域の復興創生にも必要不可欠だと思います。桜の下でこれからのことを見つめ直す時でもありました。

DSC02275

s-DSC02283

一覧へ戻る