Governor Award
最新のドローン技術で復興と国際貢献に尽力
第5回ふくしま産業賞【知事賞】を受賞

今回の受賞は、原発被災地である富岡町に本社を置き、インフラ、ライフラインの震災復興に加え、研究機関や大学と共同研究開発を行い、様々な社会的課題の解決に尽力してきたことが評価されたものです。従来の手法では困難な問題をICTなどで解決、地域の復興に携わってきました。さらに海外の島嶼国における海岸保全、沿岸域の防災、環境保全などJICA案件を通じて国際貢献に尽力。

また、避難先となった大玉村と姉妹都市であるペルーのマチュピチュ遺跡の保全調査など、国境を超えた活動も行っています。当社が海外に目を向ける目的は、福島で培った技術・経験を世界で貢献すること、一方では世界という広いフィールドで新しい価値を培い、それを持ち帰ることです。それがいずれふるさとのため、日本のためになると考えています。これからも「ふるさと」に根ざし、地域貢献をしてまいります。