株式会社ふたば
代表取締役
遠藤 秀文
Shubun Endo

技術士(建設部門)
APECエンジニア、IPEA国際エンジニア、測量士、潜水士、
1級土木施工管理技士

過去の業務上の渡航先
アジア、大洋州、アフリカ、中南米、ロシア、20数カ国

ふるさと双葉郡富岡町・郡山市を拠点に、
地域の未来予想図を描く
「社会コンサルタント」を目指す。

 3.11から6年5ヵ月が経過した2017年8月。株式会社ふたばは、ホームである双葉郡富岡町に帰還いたしました。3.11に本社機能を失い、1ヵ月後に郡山市で事業再開。半数以上の社員が避難のために離職した中、私たちは地域の再生・未来のため一歩を踏み出しました。また、これまで一度も振り返ることなく、目まぐるしく変化する状況にあっても、その数歩先を常に歩みたいと、5年、10年そして50年後の未来予想図を想像し、復興に励んでまいりました。

 震災以降、福島県では様々な課題が山積しております。なかでも故郷である双葉郡は日本・世界の社会問題・課題の縮図であり、30年先の日本や世界が抱える社会的な課題をすでに抱えている地域かもしれません。見方を変えれば、世界を見渡してもここでしか経験出来ないことが沢山あるのではないでしょうか。

 株式会社ふたばの歴史は2021年に半世紀を迎えます。弊社は測量業から始まり、建設コンサルタントとして成長してきました。そして未来へ向けて私たちは、地域に寄り添い、現実に向き合い、知恵と汗を出し切ることで、建設コンサルタントから“社会コンサルタント”に変化していくことを目指しています。

 “フィールドはふるさとから世界まで”をモットーに、これまでの経験を福島県に、そして必要とされる世界に活動のフィールドを拡げてまいります。

 また、福島県を世界の“希望”にするために微力ながら尽力してまいります。地域の未来予想図を“創造”していくため、引き続き、皆様方のご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。