ホープツーリズムでアフリカ諸国の方々が来社

更新日:

本日はJICA研修員を対象としたホープツーリズムモニターツアーで富岡本社にエジプト、セネガル、カメルーン、ケニアのアフリカの方、JICA、福島県、福島県観光物流交流協会の方々が来社しました。1時間ちょっとと限られた時間でありましたが、震災そして原発事故後の会社の再開から帰還、故郷の課題、福島県のポテンシャルなどについてプレゼンをしました。仕事や学会などでは英語で話す機会はありましたが、震災や復興に関して英語でのプレゼンは初めてでしたので、少し心配しましたが、なんとかアフリカの方々に伝わったのでは思います。皆さん積極的に質問してきました。関心が高まったのではと思います。彼らには10年後の福島の姿を見てもらい、双葉郡、福島県そして日本国の底力を感じてもらえればと思います。
★JICA_旅のしおり

一覧へ戻る